照明器具のお話し/東京都大田区注文住宅 新築一戸建て ビーテック

仕事
10 /14 2016
皆様こんにちは。ビーテック設計チームです。

今日は照明メーカーさんより新しいダウンライトを紹介頂きました。

最近はお部屋をすっきり見せたいとのご希望で

お部屋のメイン照明をダウンライトで計画する事もあります。

近年はLEDランプの普及により、小型化されたすっきりとした

照明器具も多くなっています。


LEDになってから、照明の色温度がシーンによって
かえられる器具が発売されています。

IMG_0025.jpg

※ 色温度とは光の色をあらわしています。

   電球色:白熱灯のようなオレンジっぽいライトの色 2700K
   昼白色:さわやかな爽快感のある、白っぽい色 5000K
   温白色:電球色と、昼白色の間のような色 3500K

IMG_0020.jpg

「温調」は、電球色のダウンライトで調光(光のつよさをコントロール)でき、白熱灯のように色温度も少しづつ変わります。
「よくばり」は、ひとつの器具で、上記の三つの色温度に切り替えられ、調光もできます。
「温白色」は最近でできた電球タイプのひとつです。従来からあった二つの電球タイプの中間色として注目されています。





ひとつの電球で、色温度をシーンにあわせて替えれるようになり、住宅の照明計画では
とても助かります。

一般的には、くつろぎたい時、食事などは色温度の低い色が、
逆に、活動的に過ごしたい時、勉強する時などは色温度の高い色が向いていると
言われています。

寝る前にはゆっくりと電球色のライトでくつろぎ、リラックスすると
眠りに入りやすいとも・・。
住宅では、ひとつの部屋が何役も兼ねる事が多々あります。
リビングダインニングでは食事をしたり、子供の宿題をみたり、
家事をしたり。

寝室も書斎を兼ねる事も多いですよね。

そんな時にこのライトはとっても便利です。



ビーテックでは標準仕様に照明器具も含まれています。
(もちろん注文住宅ですので、このままの方はあまりいらっしゃいませんが・・(´∀`*))

仕様書照明



新築や、リフォーム計画の時は
是非ご相談下さい。お部屋にあわせて、ご予算にあわせて、色々なパターンでご計画頂くことができます。


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

設計チーム

設計ブログへようこそ!