新鹿沼の街/東京都大田区注文住宅新築一戸建てビーテック

仕事
03 /16 2017

新鹿沼に物件の調査に行って来ました。

市役所に行く道すがらレトロな建物を発見しました。

   

 IMG_3853.jpg

こちらの建物は歯医者さんのようです。

羽目板張りの外壁で、懐かしさを感じるレトロな外観です。

  

  IMG_3854.jpg

少し歩くと同じような建物がありました。

古い建物を大切に保存活用している街だなと言う印象を持ちました。


グループホームの中間検査/東京都大田区注文住宅新築一戸建てビーテック

仕事
03 /13 2017

千葉県に建設中のグループホームの中間検査がありました。

   IMG_3845 - コピー

この中間検査は住宅瑕疵担保履行法の検査です。

住宅品質確保法に基づく10年間の瑕疵担保責任に必要な保険の検査です。

建築基準法中間検査とは異なります。

主要構造部(柱、筋交い、構造用合板等)が図面通りに配置されているか、

金物が設計通りに取り付けられているか、屋根の勾配などを細かく

チェックします。

その他 “屋根の防水” “外壁の防水” など雨水の侵入を防ぐための

チェックもします。


 IMG_3825 - コピー  IMG_3830 - コピー

当社では「まもりすまい保険」を利用しています。

検査は何事も無く無事合格しました。






見積もりの原則とチェックポイント/東京都大田区注文住宅新築一戸建てビーテック

仕事
02 /28 2017

神奈川県建築士会主催の

「建築士も知っておきたい 木造住宅の見積もりの原則とチェックポイント」

の講習会に行って来ました。

           IMG_3750.jpg

設計士として木造住宅の見積もりのチェックポイントや、またコストダウンの仕組みを学んできました。

講師の永元博先生(テキスト著者)のお話も分かりやすくとても勉強になりました。

勉強した事を活かし,より良いご提案が出来ればと思います。



ホールダウン金物/東京都大田区注文住宅新築一戸建てビーテック

仕事
02 /15 2017

木造三階建ての住宅です。   

    IMG_3618.jpg

この金物はホールダウン金物と言い「引き寄せ金物」とも言います。

主に木造軸組工法で使用する補強金物の一つです。

建物が水平力を受けた場合に、耐力壁にかかる引き抜き力に対抗します。

1階では、基礎又は土台と柱に使用し、2階3階では上下階の柱と柱又は

柱と梁に取り付け耐震性を確保します。


    IMG_3623.jpg

建物の階数に関わらず建築基準法・建設省告示1460号

「木造の継手及び仕口の構造方法を定める件」の表に従って取り付けます。

サイズは主に10KN用、15KN用、20KN用、25KN用、30KN用などがあり

引き抜き力に応じて選びます。

窓に関する勉強会と社長のお誕生日/

仕事
02 /13 2017
先週木曜日は、サッシの大手メーカー様 「YKK」による
昨年リニューアルした品川ショールームで、最新のサッシ動向、各仕様による断熱性能、遮音性能等を中心とした
勉強会兼、プレゼンテーションがございました。


IMG_3696.jpg

入口ではかわいらしい最新の人型ロボット君「あしも君?」が
お出迎えしてくれます。

IMG_3695.jpg

入口すぐ近くには全種類の玄関ドアや、各種のサッシ種類が
確認できるスペースがあります。一部エクステリア商品などの展示もあり
デザインや使い勝手の確認ができるようになっています。

又、奥には勉強会として案内頂きました
体感型ショールームがあります。
こちらでは商品の案内だけでなく、サッシ種によってどのような違いがあるかを体感できます。
予約でのご案内のみになっておりますので
ご興味のある方は弊社までお問い合わせくださいませ。



IMG_3698.jpg

その後はメーカー様との懇親会でした。
お魚料理がとても美味しいお店です。
普段とは違う姿もありながら、ざっくばらんにたくさんお話しできるので、こういう機会もたまには良いですね。


IMG_3708.jpg

そして、何と!その日は弊社の「樋口社長」の〇〇歳のお誕生日!!!
私達からは花束をプレゼントしました。



IMG_0799.jpg

皆様、大変な貴重なお時間、お気遣いありがとうございました。
今後とも宜しくお願い致します。

設計チーム

設計ブログへようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。